2010年04月14日

骨組みから


100413


現在計画中の 鉄骨造の物件について

構造設計事務所へ打合せに行く。


先月から取り組んでいる新規のプロジェクト

敷地の形状と 当てはめるプログラムから

法規の絡みで四苦八苦あせあせ(飛び散る汗)

中高層の関係や避難、耐火・・・諸々

調べまくって 考えまくって

なんとか納まる。 



が しかし 

完全に法規に支配されたボリュームは

なにか こう・・ ふつう な感じ

まだ 間取りを詰め込んだだけの段階で

息継ぎしてたので 

足りない何かを

もうひと押し・・・


そこで登場したのが構造家のご意見

構造的に専門的なアドバイスを期待しての打合せ。


非常にいいアドバイスがいただけて

目からウロコ目

骨組み を見てもらって スッキリひらめき

整体に行ったら 背が伸びた みたいな?


プレゼンに向けて 準備開始です。

城秀幸建築設計室
posted by シロップスタヂオ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック