2010年04月28日

あをによし

せんとくん

このポーズって?


せんとくん

 いらっしゃいませ〜

いや 違うな

おひかえなすって!

うー ちがうな・・


こちらへどうぞ〜

ま そんなとこでしょうかダッシュ(走り出すさま) 


タイトル あをによし(青丹よし) 

奈良にかかる和歌の枕詞

少し前に 「鹿男あをによし」というドラマやってましたね 奈良の鹿がでてくる・・ 

詳しくはこちら” 


 このお話に 鎮めの儀式なるものが出てきます 








地震を起こす 大鯰(大なまず)のお話です。

いきなり 何の話かと申しますと

N町自治会館 そろそろ現場レポートを始めるに当り

伏字のN町自治会館とは 

→私の実家のある鯰江町(なまずえちょう)の

自治会館の事なのですが

鎌倉時代から荘園があったと資料にも残っている

歴史のある地域でして

鯰江城、 鯰江氏 についてはそれぞれ検索すると

詳しく出てきます。

注※以下 専門知識ではないですが 案内板や資料や言い伝えによると・・

どうもその荘園時代

興福寺領の荘官の仕事なのか

役職というべきか・・

先に出てきた地震を起こす鯰を

鎮めた池の番をする

鯰守だったことから だとか・・・ 

鹿男の 鯰のはなし 

なんなり関係あるように思います。

そんな歴史ある地区の自治会館の建替え工事

先日 旧公民館の解体工事が行われ 

途中工程を見てきました


ntc-100423

古い木造なので 石膏ボードも少ないですし

ゴミの分別も種類が少ない。

解体は急ピッチで進み 一気に更地へ・・

旧公民館の役割を引き継ぎ

さらに良いものとなるように計画しました

気持ちは 築城です。凸 鯰江城再建

本丸再建的な意気込み。

来月の半ばには 地鎮祭が控えています。


ボチボチ 自治会館 現場レポート 

NEWコンテンツ スタートします!
posted by シロップスタヂオ at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | N町 自治会館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック