2010年10月16日

各人申請対策

業務報告〜


perspective.jpg




豊田市で設計させていただいた住宅 BOX−I

確認申請を先週提出 

開発申請の書類確認で

即日交付とはなりませんでしたが

翌日 無事に通りました

月曜18日に受取り予定


この物件には BOX−Iの名称の他に

施主の愛犬の名を ニックネームとしてつけてます。


今回は そのニックネームで申請出してみました

「SASUKE 新築工事」← なにかわからん名称

審査機関では何にも言われてないので 

OKのようですわーい(嬉しい顔)

じつは 豊橋のBOX−Sのとき

施主がその住まいを 「○○城」 という名前で呼んだので

それで申請しようとしたのですが

昔 その地にその名で
 
本当にあった史跡のため却下でしたダッシュ(走り出すさま)



今回は 名古屋の民間審査機関にて

確認申請を提出したのですが

不要な図面ということで 
構造関連の図面を数枚省いてきました

先週 東近江で提出した同規模の物件では

その省いた図面が足りないので・・・ と

これも来週 不足図面を持っていけば 済証発行。

なので当然 今回は準備万端で望んだのに不要

うーん 担当者によるのか 審査機関の方針なのか

良かれと思い 付ければ要らず

要らぬと思えば なんでそれ要るかなと・・・




設計活動エリアが 名古屋事務所がメイン

実家のある滋賀事務所がサブ 

最近は滋賀の現場で 滋賀東近江率高いですが


あちこちの審査機関にお世話になるので

その組織毎の対策を

しっかり把握しないとね・・

効率悪いっす。



でも この仕事をはじめたての頃

十数年前  

窓口で あーだこーだ 

そこら辺で 基準法解釈バトル やってました。

知識不足を突かれて 

受理してもらえず退散したこともありました

その時 鍛えられたのかも知れませんネ。

当時を思うと

役所での申請は

担当者も非常に親切で やりよいです。


posted by シロップスタヂオ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | BOX−I | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック