2014年01月05日

御家鎮祭

1月5日 おけち 当日。

今年は シロップは見習い

来年が本番でありますが

新当家、 新相当 として参列。


快晴ですが ピリッと 痛いくらいの気温の中

儀式が始まります。

P1000624.jpg


当家と 相当 の方は 裃に紋付はかま

弓を持って 神主に続きます

P1000667.jpg


祭壇での儀式を終え




弓引き


P1000677.jpg

弓引きの後

室内で 神箱を開封し

帳送り、 トウ渡し といって

次の 当家 相当 に 引継ぎの儀式が始まります。

箱の中には 昨年の記録から 古いものでは

天正16年 ・・・ 1588年に 儀式の作法を記したものまでが

ざっと420年オーバー 

落城以降始まったので 古くてもその辺ですが

今年の大河ドラマ 軍師 黒田官兵衛さんが

豊臣秀吉に仕え実際に活躍していた頃から

歴史好きにはなかなかのスペクタクル

帳送り は最高潮に興奮しました。

来年は わたくしシロップは 相当 の役割

当家は 幼なじみの Kくん



但し。。

このあと 杯で交わされる お酒のやりとり・・・

なめてました・・

杯から

大きな杯

小さなお椀

中くらいのお椀

と 器がどんどん大きくなる酒席で

お神酒がナミナミと注がれて・・ 飲み干す

P1000798.jpg


挨拶と 口上 が続きます


P1000775.jpg


フラフラです。

そのあと またも 酒席を交えて

見事 祭事を納められた 今年の当家、相当、 そのサポートの 「よめさん」

※ワイフじゃなくて お手伝いの家があり

と ご挨拶。

今年 1年 精進して

来年は シロップも 弓引きが待っております。


落城より 442年目

しっかりと役目を果たしたいと思います。


城秀幸建築設計室 
posted by シロップスタヂオ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック