2016年01月15日

基本設計をじっくり

高低差のある敷地でのプロジェクト
難しい計画ですが
あと少しでまとまりそうな 良い気配

第〇案と提案しているまでには
幾つもプランが存在しては消えたり混ざったり
ネチネチと あーでもない こーでもないと
熟考しています。 初期案に戻ることもあれば
最終一番良い案が突如出てくるときもあり。
基本設計にはじっくり時間を頂いています。

今回は 初期案の良さを再認識というパターンです。

tkm160115_001.jpg


打合せのあと
寄り道した公園に 巨大な おわん

愛知万博の施設っぽいですが
何でしょうか?

城秀幸建築設計室
posted by シロップスタヂオ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック