2014年10月01日

ビルのゲーツ

141001ビルのゲーツ.jpg


観てきました。

ビルのゲーツ

という 言葉にやられ

気が付いたら チケットを手に入れていました。

大満足 楽しかったのであります。

^^

全く詳しくありませんが

ヨーロッパ企画 次も気になっています

城秀幸建築設計室
posted by シロップスタヂオ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

佐久島ゆき

佐久島へ

おひるねハウスが52日間だけ 2つ並びます

ということで

レセプションに参加してきました。



写真をUP UPします


130525-01.jpg
  


130525-02.jpg



130525-03.jpg
  想像力 頼り


130525-04.jpg
 こっち


130525-05.jpg
  おひるねハウスの横で おひるね


130525-06.jpg


奥が 先代。

手前が 今回 新設された おひるねハウス

すごい人気 人が絶えなかった。




ちなみにこの写真。

作家の南川さんに写真を撮ってもらうという厚かましさ。



奥の 先代の製作のお手伝いに来たのが かれこれ9年前

あらためて 人気を目の当たりにして 

感動。

作品のちからと 作家のすごさを実感。 


130525-07.jpg



130525-08.jpg



五月の紫外線の凄さを

帰り支度の頃 思い知るのであります。

仕事で事務所にこもっているとか言いながら

日焼け全開な設計士

あやしいけど デスクワーク頑張っています。




posted by シロップスタヂオ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

position2012

position2012.jpg


作家さんからのお便りで 名古屋市美術館で開催中の position2012へ

以下美術館HPより拝借
”今回は第4回目の展覧会として、この地方で活躍する10名の作家を紹介いたします。
独特な文化背景を持つ名古屋という都市を中心とするこの地方に拠点を置き
この場所で育まれた感性を活かして表現する作家たちの作品は
東京を中心とした首都圏に生活基盤を置く作家たちとは違った方向性を持っています。
また、同時に若々しくフレッシュな感性を持つ作家たちの作品からは
この地方の現代の様相が浮かび上がってきます。”

色々な作品を楽しみつつ 順路の最後 お目当ての 佐藤貢さんの展示。

夫婦共々 影と 音も 堪能してきました。 やはり良い。 

あと 滞在製作されていた文谷さんの作品も良かった。 少しお話も出来ましたし^^

アートに触れた 日曜日


道中

歩行者天国 初体験。

歩行者天国120610.jpg


歩行専用になってすぐの大津通り 人もまばら

道の真ん中をふらりと歩くのって慣れず変な感じです。


トリコロールな相方と 車は通りませんが 横断歩道を渡る^^ 

そんな梅雨の晴れ間。


城秀幸建築設計室

↑↑ ちなみに ※ ホームページ更新しました。

■ WORKS N-town-center 竣工写真UP 
 

 
ラベル:名古屋市
posted by シロップスタヂオ at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする